ガラスを強化ガラスに交換したら防犯対策になる?

強化ガラスと聞くとなんだかとても頑丈そうで防犯性能も優れていると感じるかもしれません。ですが「よし、強化ガラスにして防犯対策だ」と考えるのは実は危険です。強化ガラスは一般のガラスに比べると3~5倍の強度を持ち、割れにくいといえば割れにくいのですが、先の尖ったもので打撃を加えると簡単に砕けてしまいます。強化ガラスについては、防犯性能より安全性能を重視した作りとなっていて、割れたときに粉々になり、割れたガラスで人体に傷がつくことを最小限に抑えることが出来ます。では防犯対策にはどんなガラスを使えばいいかというと、防犯ガラスを使用するのが効果的だと言えます。防犯ガラスは打撃に強く、割れた場合でも十分な穴が開くことが少ないガラスです。更に防犯ガラスは割れた時に大きな音が出るものが多く、周りに気付かれないように侵入したい泥棒にとってはリスクが高くなります。防犯ガラスの性能について書いてきましたが、いくら穴が開きづらく音が出るとはいっても、音を気にしないで犯行できる状況であったり執拗な破壊には万全ではないといえます。防犯性能の高いサッシや補助錠を併用することによってその防犯性は更に高くなることでしょう。ひ