窓ガラスは庭を飾る額縁のようなもの

mado_gakubuchi
自宅の窓ガラスについて、皆さんはどのようなものだと考えているでしょうか。採光のため、窓を開けて換気できるようにするため、外の様子を屋内から見るためなどなど、考え方はそれぞれあるでしょう。そのどれもが間違いではないですし、これだという大正解があるわけでもありません。

ですから、この話はあくまで私が窓ガラスのことをそう捉えているというだけの話に過ぎないのですが、私は「庭を飾る額縁のようなもの」だと考えています。庭に面したリビングから外を見た時、しっかりと整えられた庭が窓という額縁に収まって、まるで一枚の絵のような美しさを演出するのだと。そのためには庭の手入れはもちろんのこと、窓ガラスとサッシの掃除も欠かせません。高層マンションやシーサイドのように抜群の景観を誇るわけではなく、リビングの前はどうしたって庭になります。その庭が美しく綺麗な作品として成立していたら、お客さんを家に呼ぶのも恥ずかしくないですし、自分たちも清々しい気分で暮らすことができますよね。

窓ガラスを額縁として捉えている人は、恐らく少ないと思っています。だからこそそこに着目して行動することで、素敵な毎日をもう一段階美しく彩ることができのではと思います。庭の手入れやレイアウトなどはいきなりできることじゃありませんが、とりあえず窓を綺麗にすることから始めてみてはいかがでしょうか。