結露しにくい窓ガラスってないかしら?

結露しにくい窓ガラスってないかしら?と世の中には窓ガラスの結露についてお悩みの方は多いでしょうね。とくに、結露が多い季節というのは冬の季節になると思うのですが、こうした結露の大きな原因は、暖房している部屋と暖房していない部屋との間に温度差が生じるためのようですね。おまけに、アルミサッシが普及するようになってから結露の問題も同時に発生するようになったようなのです。

ちなみにアルミサッシが普及する以前の住宅というのは、例え部屋自体を暖房したとしても隙間風によって、室内の湿気が外に放出されていたために結露の問題は発生しなかったようですね。もちろん、隙間風がなくなって密室性が高まったということだけが、結露の発生原因ではないようなのです。例えばコップに冷たい水を入れておくと、コップの外側には水滴が付くようになります。ただし、難しい科学的な説明はこの際ハショルことにして、簡単に申し上げると温度が高い部屋の空気というのは、水蒸気を置く含めるような仕組みになっており、逆に温度が低い部屋の空気の場合水蒸気を少ししか含むことができないようになっているのです。従って、寒い冬になると外の空気よりも家の中の空気の方が水蒸気を多く含むようになります。おまけに、空気中の水蒸気が飽和状態になった時点で、結露が発生するという仕組みになっています。ところで肝心の結露しにくい窓ガラスについてですが、メーカーさんにおいてもこうした結露の問題は研究が進められています。日本板硝子という代表的なガラスメーカーでは、「スペーシア」と呼ばれる真空カラスが発売されています。この真空ガラスの場合、2枚の板ガラスの間に真空層が設けられており、結露を軽減するというだけでなくこれまでにない高い断熱効果があるようですね。ガラスの間にある真空層が、ガラスの表面温度を下げにくくするために、結露が発生しにくくなるという仕組みなのだそうです。